永遠の愛を誓う指輪

結婚の約束を証明するもの

多くのカップルは愛する人と一生を共にしたい。結婚をして一緒に生活したい。と思ったなら、プロポーズをして自分の気持ちを伝えます。ほとんどの場合、男性から女性へプロポーズをします。プロポーズをする際に、あらかじめ準備しておいた婚約指輪を差し出す男性は、とても多いものです。女性は、婚約指輪を受け取ったなら、男性からのプロポーズを承諾する。と言う意味があります。婚約指輪には、プロポーズを承諾すると同時に、結婚の約束を証明する。という役割があります。婚約指輪をはめることによって、お互いの間だけではなく、第三者の目にも自分たちは婚約していること、そして近い将来結婚する意志がある。ということの証明となります。

婚約指輪はいつまではめるのか

自分の薬指に光る婚約指輪を見るのは、本当に幸せな気持ちになります。相手から愛されている、これから先、一生を共にできる。という実感を持つことが出来ます。では、婚約指輪はいつまでつけるのでしょうか。これは特に決まりはありません。ある人はなくしたら困る。と言う理由で婚約指輪を受け取ったなら大事にしまうかもしれませんし、別のある人は結婚式の時までつけるかもしれません。または、結婚後も結婚指輪と重ねてつけるかもしれません。いずれにしても本人もしくは相手と相談して決めることが出来ます。大切なのは、婚約指輪を受け取った時の自分の幸せな気持ちや、相手との愛の証しを忘れずに、一生を愛する人と苦楽を共にすることです。